FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パソコンのメンテナンス

段々とシリーズ化してきたメンテナンスシリーズも第3弾。ひーすですこんばんは。

さて、今回も大事なデータを保存等をするハードディスクについてのお話です。

前回はデフラグについてお話をしました。見ていないって方は<こちら>

今回はチェックディスクという機能についてお話をします。

~チェックディスクとは~
データは「セクタ」や「クラスタ」といった単位(箱)で格納されます。
そのデータや箱にエラーがないか検査をする機能です。

データが間違ってたり、箱そのものが異常だったりします。
また、そのエラーが増えれば増えるほど被害は拡大しやすくなるという相乗効果。
最悪、それが引き金でパソコンが起動しなくなるといった問題も起こるかもしれません。
病気と一緒で早期発見・早期治療のためにも一度やってみることをお勧めします。

~チェックディスクの仕方~
操作は非常に簡単で、Windows XP/Vista/7 どのEditionも共通操作となっています。

①左下のスタートボタンからマイコンピュータを開きます。

②検査したいハードディスクを右クリックし「プロパティ」をクリック。

③プロパティ画面から上側にあるタブより「ツール」をクリック。

エラーチェックと書かれたところから「チェックする(C)..」をクリック。

チェックボックスを2個ともオンにして「開始」をクリック。

⑥再起動を求められる場合があるので、その場合は再起動をしてあげてください。
 ※この場合、再起動からWindowsが立ち上がる手前で検査が始まるので何もできません。注意してください。
  またHDDの容量が大きければ大きいほど時間がかかる(数時間)ので注意してください。

では、快適なパソコンライフを。

see you
スポンサーサイト
[ 2011/10/26 ] パソコン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiisu.blog.fc2.com/tb.php/37-28e30868










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。