FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続・パソコンのメンテナンス

今年も残すところ、あと3か月。やり残したことはありませんか?だいたい年末になって気づくひーすですこんにちは。

さて、前回のこちらの記事から1か月近く放置してて、ゲーム内で「更新してください!」と言われてしまったので、書こうかと思います。
書こうと思ってたんだけど、ついついだるくてそのままになってしまってた。ごめんなさい。

この後はかなり長くなります。興味のある人だけ続きを読んでください。




では早速、前回「デフラグ」というお話をしました。何それって人は前回の記事を読んできてください。その上で話を進めていきます。

強力に行う方法はというと、有料ソフトを利用するのが手っ取り早いです。

その中でもこのデフラグに特化させたソフトを手掛けているメーカーがあるのでそのソフトを紹介しようと思います。

相栄電器さんから発売されている「Diskeeper」というソフトです。

主な機能としては自動デフラグ

Windows Vista/7 にもあったよね?と思った人もいるかもしれませんが、あれはスケジュールを決めて定期的に行うものであり、こちらではリアルタイムに行ってくれます。
あまりにも低スペすぎるとパソコンの性能を損なうかもしれませんが、ネトゲできる環境であれば影響はほとんどありません。

導入するとどれぐらい効果があるのかスクリーンショットを取っているので確認してみてください。

対象HDD:Seagate製HDD 1.5TB
↓こちらはインストール直後のハードディスク状況(ソフトそのものが機能していない状態)↓
DK-before
撮影日:2011年8月28日(午後11時)

↓こちらはインストール後、1日後のハードディスク状況↓
DK-after
撮影日:2011年8月29日(午後10時)

たった1日で効果が表れました。
赤が断片化されたファイル、青が断片化されていない正常なファイルとなります。
画像からわかる通り断片化がほとんど発生していないことがわかります。
導入後から1か月ほど経っていますが、赤色の断片化されたファイルはほとんど発生していません。
(記事書き込み中に確認してみました)

このソフトの特徴的な機能の代表として「IntelliWrite(インテリライト)」が挙げられます。
断片化が起こってからデフラグを行うのではなく、断片化の発生を未然に察知して断片化を発生させにくくするという、ファイルの読み書きを常に監視する機能を備えています。
一部のファイルはどうしても断片化が阻止できない場合があるため、発生してしまった断片化は自動デフラグによりデフラグを解消してくれます。

またこちらの「機能比較」で各種機能のON/OFFが紹介されていますが、HomeよりProfessionalをお勧めします。

そのお勧めする機能が「I-FAAST 2.0(アイファスト2.0)」
Professional以上のグレードに搭載されている機能の一つです。

頻繁アクセスするファイルを検知し、HDDが読み込みやすい位置にファイルを移動し読み込み速度を向上させようとする機能。
個別で対象ファイルを指定できるため、例えばAIONのクライアント等指定したら早くなるかもしれませんね。
(私自身は おまかせモード で放置してますが…)

もう一つ上のグレードにProPremierがありますが、前バージョンの2010でProPremierを導入していてProfessionalとの差が感じられなかったので、その機能については割愛します。(価格もかなり跳ね上がるので…w)

ここまではハードディスクに関連するお話。
「俺SSD使ってるんだけど!」っていう人は、下記も読んでみてください。

と、その前に…
-----------------------------------------------------------------------------------
SSDとは…
Solid State Drive の略称。ハードディスクの代替として利用され、
ディスクを利用せず、フラッシュメモリを主な記憶媒体として持ちます。

メリット:
① 電気信号のみで読み書きを行うため、ファイルを開いたり保存する作業がが非常に早い。WindowsやAIONの起動もすーっごく早い。
② ディスクを使用しないので衝撃に強く、ディスクを回転させるモーターも使用しないので省電力。
(最近ではビジネスパソコンにも利用されてきています)
③ HDDよりサイズが小さく省スペース。→ケース内温度の上昇を若干防ぐ。熱トラブルにも貢献?

デメリット:
① HDDに比べ値段が高い。結構ピンキリ。(120GBで約2万円。HDDは3000GB-3TBで約1万円)
② 耐久性に不安。書き換え回数に制限があり、ゆくゆくは使えなくなる(らしい)。
③ ②に連動して、ずっと使っていると読み書きの速度が遅くなってくる。
-----------------------------------------------------------------------------------
で、前置きはこのくらいにして、アクセスが早いし、フラッシュメモリだから断片化とは無縁じゃね?と思うかもしれませんが、やっぱり断片化は起こります。

こちらもスクリーンショットを撮っているので確認してみてください。

対象SSD:Intel製SSD X-25M 80GB
撮影日は上の画像と同じ日時です。

↓こちらはインストール直後のハードディスク状況(ソフトそのものが機能していない状態)↓
DK-c-before

↓こちらはインストール後、1日後のハードディスク状況↓
DK-c-after

SSD導入後一切デフラグはしていなくて、結構断片化してました。

このDiskeeperにはSSD用のプラスアルファも用意されていて、それが「with HyperFast」というもの。
ProfessinalとProPremierに付随される製品になっており、追加で購入したり、一緒に購入することができます。
HDD+SSDの人にお勧めな構成になっています。

特徴としてはだんだん劣化してくるフラッシュメモリに対して低下する読み書きの速度を抑える働きがあります。
上記したSSDのデメリットの②③を解決してくれます。
技術的なお話は「こちら」を読んでもらうとして、付け加えていうなら、申し訳ないですがSSDを使ってる人は「with HyperFast」が無いと意味がないです。

実は、上に紹介した内容はwith HyperFastを導入しないと、SSDに対して働いてくれません。(自動デフラグはやってくれますけどね。あんまり効果ないみたい)
前のバージョンの2010を購入したのですが、その時点でSSDを既に導入していました。
「with HyperFast」を一緒に入れてなかった所為か、相性なのかわからないのですが、SSDに悪影響を出していてAION中にプチフリーズするという謎現象も起きました。(自動デフラグがSSD用になってなかったからかな?)

そんなこんなで自分は左側のサイドバー「便利アイテム」に追加しましたが、この2011-Professional with HyperFastを使ってます。
今でも快適にパソコンは動いており、ノントラブル。気に入ってます。電源のON/OFFもサクサク再起動もあっという間。起動し直すまで2分もかからないぐらいかな?



最後に。

ぶっちゃけてしまうと、このソフトの導入により劇的な変化はないかもしれません。あくまでも見えないところの戦いなので。
体感良くなるかもしれませんし、何の変化も感じられないかもしれません。
ただ、デフラグという機能は絶対に必要な機能でもあります。ファイルの断片化が進みすぎることによりWindowsのシステムファイルを読み込むことができなくなり、最悪パソコンが起動しないというトラブルにも発展する恐れがあります。

一度、デフラグについてトラブルや、その症例を検索してみることをお勧めします。
私自身このDiskeeperは古くから使っていて、2003か2004からだったかな?
そのおかげなのかわかりませんが、過去のパソコンにおいてHDDがクラッシュしたとか、OSが起動しないとか、一部のデータが読み取れなくなるとかそういったHDDにおけるトラブル起こったことがありません。

家電量販店のパソコンソフトコーナーでも販売されているので、近くに立ち寄った際には是非一度パッケージの説明を読んでみてください。

前回に続き、長い長い記事になりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。
また機会があれば、これらメンテナンスについて綴ってみようと思います。
パソコンは消耗品のようになってきましたが、大事に使ってあげればちゃんと応えてくれます。
是非一度今使っているパソコンへ目を向けてみてください。

see you
スポンサーサイト
[ 2011/10/02 ] AION | TB(0) | CM(3)

No title

これはつまり社員おつか
[ 2011/10/03 00:25 ] [ 編集 ]

No title

社員乙といわれてもおかしくないレベルだよね。
自分でもなんでってぐらい書いてるし。

まぁ俗にいう信者ってやつですよ。
[ 2011/10/03 09:52 ] [ 編集 ]

No title

趣味にまさるものなし。
ネットゲー毎日5時間やるひとがいたとして、
ssdの寿命ってどんなもんなんだろ?
ちなみにぐぐってません。ごめんなさい。
[ 2011/10/03 12:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiisu.blog.fc2.com/tb.php/30-363514cd










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。